名入れボールペン・フルカラー印刷「RGB」と「CMYK」の違いとは

パソコンで作ったカラーデータをプリントアウトした時、モニターと違う色味だったことはありませんか。
イメージと違う仕上がりで困ったことはないでしょうか。
名入れグッズ(ノベルティグッズ)を作る際には、 「RGB」や「CMYK」の違いを知っておくと大変便利です。
モニターと印刷物の色の違いの “困った”をズバリ解決しましょう。

「RGB」と「CMYK」の違い

ヒトは800万色ほどの色を識別できると言われています。
しかし、いくら識別できても数値化しないと他の人と共有して扱うことができません。
そこで必要になってくるのが“色の物差し”です。
普段から、Photoshopやillustratorなどの画像編集ソフトを扱っていない人には聞き慣れない言葉かもしれませんが、 色の物差し(カラーモデル)には「RGB」、「CMYK」、「HSB」、「DIC」、「PANTONE」など多くの種類があります。
これらのカラーモデルの代表格が、「RGB」と「CMYK」です。 どちらも色の表現方法の規格ですが、大きな違いは、

・ RGBはテレビやパソコンモニターなどの「ディスプレイ用」
・CMYKは名入れ印刷やポスターなどの「印刷物用」

であるという点です。 パソコンモニターで見ていた色味(RGB)が、印刷(CMYK)すると違う色になってしまうのはこのためです。

「RGB」とは

RGB

RGBは光の三原色【 赤(Red)・緑(Green)・青(Blue) 】のイニシャルを取って呼ばれている透過光による色の表現方法です。
白はRGBの3色をすべてオン、黒はRGBの3色をすべてオフにして作ります。
スキャナー、デジタルカメラのデータを光学的に取り込めるため、モニター上の色表現に採用されています。
1つの色を256段階の濃さで表現できるので、256の3乗(256×256×256)=16,777,216色(1,600万色以上)の色使いができます。

「CMYK」とは

cmyk

CMYKは色の三原色、【 シアン(Cyan)・マゼンタ(Magenta)・イエロー(Yellow) 】にブラック(Black)を加えた4色による色の表現方法です。
BlackはBlueとの区別を付けるために「K」を付けたものではありません。色の三原色だけでは表現できない暗い輪郭や細い線などを 印刷するために使った版「key plate」の頭文字からきています。「Bk」と表現することもあります。
CMYの3色だけでは得られない、美しい黒色を印刷できるのが特徴です。
RGBが発光を利用して表現する「加法混合」なのに対して、CMYKはインキの光の吸収を利用するので「滅法混合」と呼ばれています。
モニターと紙などの印刷素材では発光の原理が全く違うので、パソコン上のRGBデータをそのまま印刷すると違う色味になるのです。
RGBデータを印刷する場合は、CMYK形式への変換作業を行えばモニター上の色に近い色味を作ることができます。
また、CMYKは一つの色が101種類(0%~100%)で表現できます。 101の4乗ですので、104,060,401色(1億色以上)。
小数点で設定できるものであれば、カラーバリエーションは無限大。 しかし、金、銀、蛍光色 、パステル調、メタリックカラーなどの色は表現できません。

フルカラー印刷プラス「特色」とは

名入れボールペンなどノベルティグッズを印刷するには、RGBデータをCMYKに変換すれば画面通りのカラーを表現できると言えます。
近年では、4色に加えて、マットブラック、フォトブラック、グレー、ライトグレー、ライトシアン、ビビッドマゼンタなどのインクが加わった プリンターも登場しています。
写真愛好家には嬉しいバリエーションです。
しかし、【金、銀、蛍光色、パステル調、メタリックカラー、非常に鮮やかな色】などはCMYK(プロセスカラー)では再現できません。
例えば、ゴールドでボールペンに名前を印刷する場合は、調色(あらかじめに色を調合する)された特色(※スポットカラー、 特錬色などとも言います)が必要です。

ノベルティグッズ、販促、粗品、記念品、プレゼント用など用途は多岐に渡りますが、名入れボールペン印刷の需要が高まる中、 コストパフォーマンスが高いフルカラー印刷対応のボールペンの人気が高まっています。
フルカラーのイラストやロゴマーク、カラーバリエーション豊富な文字が人目を引きます。
フルカラー印刷対応のボールペンを作る際は、「RGB」を「CMYK」に変換してご注文いただくのがベストです。
印刷用データをRGBで入稿していただいても、印刷のためCMYKに変換します。 そのまま変換すると、 モニターで見ていた画像よりも彩度が落ちてしまうのが一般的です。
AdobeRのイラストレーターやフォトショップではRGB、CMYKどちらの形式でも画像を作成できますので、 CMYK形式でデータを作成して入稿することをおすすめします。
フォトショップ、イラストレーターなどあれば、簡単にRGBからCMYKに変換できます。
しかし、高価なソフトは一般的ではありません。 Windows標準装備のオフィス、ペイントなどのソフトはRGBで作成されます。
そんなときはフリーソフトで変換してみましょう。 変換して、イメージと違うのであれば、 元のRGBデータを作り直してイメージに近づけていってください。

※Colon:「RGB」⇒「CMYK」変換フリーソフト http://blog.livedoor.jp/yamma_ma/archives/3368568.html
※使い方はダウンロード⇒解凍⇒ファイルを開き、変換したい画像データをドロップしてプロファイルを 「Japan Color 2001 Coated」に変換するだけです。リンク先に詳細の説明や使い方の動画がありますので参考にされてください。

データを変換してみると、実際はCMYKがRGBよりも再現できる色が少ないことが分かります。
再現できる色が少ない上に、近い色に置き換えられるので、くすんだ感じもしてしまいます。
また、モニターの設定や環境に違いがあるように、いくらCMYKに変換しても全く同じ色味で印刷されるとは限りません。
モニターだけで確認せずに、必ずプリントアウトをして確認してください。
「RGB」と「CMYK」の違いを知れば武器になる「色とは個性」です。 ヒトの性格のように少しの違いが、 相手に与える印象を変えます。
名入れ印刷がイメージとは全く違うカラーの仕上がりだと、せっかくの“伝えたい気持ち” が贈る相手に正しく届きません。
RGBとCMYKの違いを把握して、フルカラー印刷の名入れボールペンを製作すれば、 自社の魅了を伝える強力な武器になります。

PAGE TOP ▲
ボールペンの名入れ見積もり、お問合せはこちら