レーザー彫刻名入れの魅力




レーザー彫刻名入れとは



レーザー彫刻とは、ボールペン表面に高温のレーザーを照射して、その熱で素材の表面を焦がし、文字を彫刻する名入れ方法です。


その最大の特徴は、印刷ではなく「彫刻」になりますので、素材の質感にマッチした自然で味わい深い文字が立体的に表現できる点と、インクによる名入れに比べて耐久性が高く、ほぼ半永久的に文字が残るという点が挙げられます。




また材質によって印字の色が異なり、例えば真鍮の場合は金色、アルミの材質の場合は白色、材質が木であれば黒っぽい焦げ目がつきます。反面デメリットとしては、コストがかかってしまうという事と、彫刻という特性上、文字の色を選べないという事などが挙げられます。
お客様にとってコストがかかるという点はとても気になる所だと思いますが、自分だけのマイボールペンを作りたいという個人の方の場合は、大量名入れの際に必要となる版の作成料金がかからないので料金を抑える事が出来ますし、ノベルティボールペンとしての活用を検討されている企業様にとっても、長い期間、綺麗な状態で名前が残るレーザー彫刻名入れは高いコストパフォーマンスを持っていますので、ご購入いただいた多くのお客様から満足の声を頂いています。





レーザー彫刻でより個性的に!



名入れボールペン市場では個別名入れボールペンで圧倒的人気を持つパーカーを始めとして様々なメーカー・種類のボールペンにレーザー彫刻での名入れを行っております。

より個性的でおしゃれなボールペンが作成可能なレーザー彫刻は、記念品の作成等にもよくご利用いただいております。


PAGE TOP ▲
ボールペンの名入れ見積もり、お問合せはこちら