ペンの機能 - シャープペン

  • くっきりとした筆跡で、すらすら・ガンガンかけるシャープペン ぺんてる タフ。
    最安価格2,000本313円
    オススメロット200本359円
    最低ロット30本520円
    詳しくはこちら
  • 振るだけで芯が出るフリシャ機能と低重心で安定した筆記が出来る2wayタイプのシャープペン ゼブラ テクトツゥーウェイ 0.5mm。
    最安価格1,000本775円
    オススメロット100本840円
    最低ロット10本1,350円
    詳しくはこちら
  • フリシャ機能付きでかわいいデザインが人気のシャープペン ゼブラ フルスト0.5mm。
    最安価格3,000本173円
    オススメロット300本217円
    最低ロット50本300円
    詳しくはこちら

シャープペンは日々進化しております。芯が折れない、自動で芯が出る、シャープペンを振るだけで芯が出てくる、芯の太さが一定など様々な機能があります。是非一度お使いになってはいかがでしょうか。


ビジネスの場でも最適「名入れシャープペン」 小・中学校卒業記念にも

シャープペンシルと言えば、学生なら誰でももらって嬉しいアイテムです。中学校・高校の卒業・入学記念、塾のノベルティグッズとして高い人気を誇ります。しかも、名入れだと思い出の品としてずっと持ち続けてもらえるでしょう。そして、卒業して大人になると、ボールペン→万年筆と変わっていくようです。しかし、ビジネスの場でもシャーペンは重宝します。大人になっても嬉しい「名入れシャープペン」を見ていきましょう。

大人も使う場面が多い「シャープペンシル」

学生がボールペンよりもシャープペンシルを多用する理由としては、
・試験や勉強
・ノートを取る
必要があるからですよね。
消せることを前提に書くことが多くあるからです。

そして、鉛筆よりシャーペンを使うのは、
・鉛筆に比べて種類が豊富、お洒落
・芯を削る必要がない
・長持ちする
・細く書けるので漢字が書きやすい
などでしょう。

大人になってビジネスの現場に入ると、会社の書類は改ざんできないようにシャーペンが使えなくなります。消せないことを前提として書くことが多くなります。

しかし、大人になっても
・資格試験の勉強や試験
・図面やデザインの下書き
・仮予定を書く
・アイデアを残す
など、シャーペンが必要な場面は多々あります。

ですが、最近は経費削減が叫ばれています。企業の文房具購入費もその余波を受けています。ボールペンは会社で用意してもらえるが、シャーペンは買ってもらえない。
そんな中で、「名入れシャープペンシル」を販促やプレゼントに選ぶと、とても喜ばれ、ずっと使ってもらえる可能性が高いので高い宣伝効果を期待できます。

大人がもらって嬉しい「名入れシャープペンシル」

大人になると身に付ける物はそれなりのお品になってきます。
とくに、年齢を重ねていくと安いネクタイはできないように、シャーペンもまた、機能性だけでなくデザイン性や高級感が求められてきます。

・ぺんてる「オレンズ」シリーズ
流行りの芯が折れにくいタイプです。デザイン性も高く、メタリックボデイで安っぽさは少しもありません。書き心地は、削りたての鉛筆のようです。イラストを描く人なら、0・2mmの超極細がおすすめ。芯が折れずに繊細なデッサンが書きやすいと評判です。

・三菱uni「クルトガ」シリーズ
従来のシャーペンは、書き続けると線が太く、文字が薄くなってしまう欠点がありました。しかし、書く度に芯が回って尖り続けるので、いつでも削りたての書き心地や文字の濃さを実現した逸品です。ノートや手帳の見た目にこだわりたい人にぜひ、贈りたい商品です。

などなど、
シャーペンの世界も技術革新が進んでいます。他にも機能性が高く、学生時代に使っていた物よりはるかに使いやすいシャーペンが多く登場しています。
名入れシャープペンをぜひ、ノベルティ、記念品、粗品にご活用ください。

PAGE TOP ▲
ボールペンの名入れ見積もり、お問合せはこちら