名入れボールペン市場ブログ

2018年12月14日

名入れペンで大手病を克服? 就職活動学生向けノベルティグッズ

新卒採用は企業にとって死活問題です。人材不足が叫ばれる、売り手市場(学生優位)の中、いくら内定を出しても学生が入社してくれるのか不安を抱えている人事部、採用担当者は多いことでしょう。そんな中、学生の囲い込みの一つに“ノベルティグッズ”を配布することは昔からされていました。近年では、バブル時代のような派手な“お土産攻撃”はではなく、学生さんに役立つ“名入れペン”など、ちょっとしたノベルティが人気です。


就活生向け会社説明会・セミナーで配布されるノベルティの傾向

バブル時代に就職活動をした人からは、
企業から交通費は言い値でもらえた、海外旅行をプレゼントされた、高級クラブに連れて行ってもらえたなどなど、今では信じられないような話をたくさん聞くことができます。

近年の企業が学生に配るノベルティグッズは、以前のような将来の判断がおかしくなるモノではありません。
ペン、付せん、ノートなどの筆記用具がメインです。ほか、自社商品のサンプルを配り、理解を深めてもらう物が続くようです。


大手病を克服するノベルティ“名入れペン”セット

最近の中小企業人事担当者が口々に言う問題があります。
それは、セミナー、就職説明会などを開くが、そもそも“学生が集まらない”

日本全体で見ると、大企業数0・3%に対して中小零細企業は99・7%。
しかし、「大手病」と言われるように、名前の知る大手企業ばかりに集まるようです。

そんな中、指をくわえて待っているだけでは何も起こりません。

・自社を知ってもらう機会を増やす
・接触した学生に自社を記憶してもらう


合同説明会で有名企業にワンサカ学生が集まる中、
ブースの前を通る学生さんに名入れペンを1本と言わずに、1人に3本、5本セットでお渡しして呼び込んではいかがでしょう。
例えば、「履歴書用の細軸0・3mm・日常使いしやすい0・5mmと0・7mm・宛名用の太軸1mm・シャープペンシル」の5本セットなど。喜ばれる組み合わせは、いくらでも作り出せます。それぞれに名入れ印刷すれば、伝えたいメッセージをきっと届けられます。

こんなに自分のことを考えてくれると思えば、相手に興味が出てくるのが人の心です。名入れペンセットで、会社説明を聞いてくれるチャンスが広がります。そして、自分では使いきれなければ、その場に一緒に来ている就職活動に“意欲的な友人”に配ってくれます。
「こんなにペンをもらえた」と、拡散もしてくれるでしょう。

就活生に喜ばれるおすすめの名入れペン

使いやすく安価に制作できる、
パイロットレックスグリップ
ゼブラサラサスラリ
三菱uniクルトガ(シャーペン)ジェットストリーム
ぺんてるビクーニャ
※消せるボールペン・フリクションは喜ばれますが、JIS規格の公文書用の品質を満たさないので、就活用には向いていません。

前の記事へ 記事一覧に戻る 次の記事へ
PAGE TOP ▲
ボールペンの名入れ見積もり、お問合せはこちら