名入れボールペン市場ブログ

2018年12月22日

名入れボールペンの印刷方法とは? シルク印刷・パッド印刷など

名入れとは、ボールペンなどの文房具やあらゆるノベルティグッズに企業名、商品名、住所、電話番号、ロゴ、イラスト、写真などを「印刷」することです。ノベルティグッズのニーズは高まっています。ターゲット層を絞った配布、費用対効果が数字で見えることが特徴です。費用も他の宣伝手法よりも格段に安く抑えられます。

今回はボールペンに名入れする印刷方法を見ていきませんか。一言に“印刷”と言っても様々な方法があります。

ボールペンの名入れ印刷方法

シルク印刷
シルクスクリーン印刷とも呼ばれます。シルク(絹)または、ナイロンなどの化学繊維や金属繊維を使った印刷方法です。シルク印刷版からインキをこしだし転写することで、“水と空気”以外は何でも印刷できます。ボールペン以外にも、あらゆるノベルティグッズで使われる印刷方法です。

パッド印刷
凹版(おうはん)下にインキを流し込み、シリコンパッドに一次転写します。流し込んだパッドに印刷媒体を押し付けて転写する印刷方法です。パッドが柔らかいので、ある程度の曲面、凹凸でも印刷可能です。原理はオフセット印刷と同じです。

レーザー彫刻
レーザー刻印、マーキング、機械彫刻とも呼ばれる方法です。彫刻する印刷媒体に対してレーザー光を射手し文字などを彫刻していく手法です。商品にレーザー光を照射することで、素材を「焦がす・気化・変色」させ、木や金属、アクリルなどに文字や絵を彫刻していきます。レーザー彫刻は、立体感や陰影などが出来るので、味わい深い雰囲気が楽しめます。

彫刻を希望される場合は、対応ボールペンからお選びください。

インクジェット・フルカラー(4色)印刷
入稿データからCMYK「シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)ブラック(K)」4色の掛け合わせた色を作り、印字する媒体に直接、吹き付ける印刷方法です。写真、イラスト、ロゴ、グラデーションを鮮やかに表現できます。写真など印刷する場合は、フルカラー印刷対応のボールペンからお選びください。

最後に

名入れ専用ペン以外のボールペン、シャープペンシル、万年筆は名入れ印刷用に作られてはいません。ですが、そのペンに相応しい、適した印刷をすることで、美しい仕上がりになります。【名入れボールペン市場】では、これまでの実績で培ってきた経験により、ペンの素材に適した最善の印字方法でご案内、作成いたします。

前の記事へ 記事一覧に戻る 次の記事へ
PAGE TOP ▲
ボールペンの名入れ見積もり、お問合せはこちら