名入れボールペン市場ブログ

2018年8月25日

おしゃれで書きやすいおすすめの粗品用・名入れボールペン



販促用のノベルティ・粗品として「名入れボールペンを購入したい」。「パーティーなどの記念品としてプレゼントしたい」ときなど、予算内で見栄えの良いボールペンを血眼になって探した経験はありませんか。
粗品のボールペンなら無料で配ることが多いため、できるだけ低コストで社名を入れて大量発注したいもの。でも、価格を優先すると、ダサい、使われないボールペンになってしまいます。本来の目的である宣伝につながりません。


書きやすさやデザインで人気なのはuniのジェットストリーム

粗品として安定して人気なのが、uni(三菱鉛筆)のボールペン。
自分で購入してお使いの人も多いでしょう。ジェットストリームの最大の特徴は、スラスラとした書き心地。贈った相手も、あまりの書き心地の良さに「インキがなくなるまで使おう」と考えるでしょう。書く必要がなくても、何か書きたくなる気持ち良さです。


そして、ノベルティグッズとして贈ったのならば、日常的に使ってもらわないと意味がありません。さらに、普段使いのボールペンに会社名が入っていれば、何度も目にするので、良い反響が期待できますよ。日常的に手が届き、視線に入ることで親近感を持ってもらえます。
また、見た目もシンプルながらデザイン性もあり、カラフルなのもポイントです。
3色、4機能など機能性に富んだシリーズも豊富です。


粗品ボールペンを入れるのはのし箱? のし袋?

粗品のボールペンは、一般的に白地に赤い線の入った小さめの袋や箱に入っています。上部分には「粗品」や「記念品」と記載し、下には社名が書かれているものをもらったことがある人もいるのではないでしょうか。

のし袋やのし箱も費用がかかるもので、名入れも加算されます。見た目ではなく価格重視であれば、OPP袋の包装などで費用を抑えられます。

目をひくようなデザインにしたいときは、注文時に化粧箱を選択するのもおすすめです。例えばumiのボールペンでも、コンビニなどでも目にする「ユニボール」ではなく、「ピュアモルト1000」のような少し高めのものにするさいは、のし箱ではなく箱の方がおしゃれです。何だか、貰った人はありがた味が増しますね。

ノベルティグッズとして、粗品として用意するボールペンでは、おしゃれで書きやすいと評判のuniのボールペンがとくに人気です。
使い勝手の良いものであれば、「捨てられずに使っている」という人も増えますよ。使う人が増えれば宣伝効果が高まります。
ぜひ、一度ご検討してみてください。

前の記事へ 記事一覧に戻る 次の記事へ
PAGE TOP ▲
ボールペンの名入れ見積もり、お問合せはこちら