名入れボールペン市場ブログ

2020年4月3日

集患力・患者満足度を高めるには?病院の名入れボールペンで増患対策

開院したての病院の経営を安定させるためには、集患対策や増患対策が必要です。そこで、病院経営者や病院関係者に向けて、名入れボールペンを使った広告宣伝方法など、集患対策のアイデアを紹介します。参考にして、ぜひ病院のブランディングに役立ててください。

■病院の増患対策はどうすればよい?
病院は公共の福祉に貢献する重要な施設ですが、他のビジネスと同様、報酬を獲得しなければ経営破綻してしまいます。特に美容外科や美容クリニック、歯科などは広告を大々的に行う競合クリニックも多く、集患方法がわからず、頭を悩ませている関係者も少なくないでしょう。最新の医療機器をそろえるためには投資が必要ですから、医療経営者には適切なマーケティングを実施して集患対策を行う必要があります。そこで、ここでは病院の集患力と患者満足度を高める対策を紹介します。

・多くの人に認知してもらう
集患力を高めるには、病院の存在を多くの人に認知してもらうことが大切です。しかし、地域の住民が利用する地域密着型の町医者と、遠方の患者さんまで広く集患する自由診療のクリニックでは認知してもらいたいターゲットが大きく異なるため、ターゲットに応じた広告・PRを選択する必要があります。
地域密着型の病院では、道案内やアクセス方法を記載した看板を製作して街の目立つところに設置したり、チラシを配ったりする活動が向いています。特にわかりにくい立地の病院であれば、必須の広告です。また、地域のイベントに参加して住民からの認知度を高めるのもよいでしょう。

一方、オンライン広告は遠方からの集患も期待できる方法です。Webサイトは病院と患者の距離に関わらず、診療内容や院内の雰囲気を知ってもらえる重要な媒体ですから、作成しておくことをおすすめします。

・患者さんへのサービスを充実させる
病院内部でできる集患アプローチも重要です。例えば病棟の清掃を徹底する、予約システムを導入して患者さんの待ち時間をできるだけ少なくすると顧客満足度がアップします。また、患者さんに対して丁寧に接する、患者さんの細かい要望をヒアリングする、院内設備を整え必要であればアップグレードするといった取り組みも効果的です。患者さんの要望を叶えていけば、口コミ効果も期待できるため、潜在ニーズを拾う目的で意見や要望を記入するメッセージカードと意見箱を院内に設置してもよいでしょう。

■【病院向け】名入れボールペンの活用アイデア
どのような形態の病院であっても病院の存在を知ってもらうことが第一です。看板やWebマーケティングと並行して、コストパフォーマンスのよい手法を取り入れていきたいものです。そこで、記念品・粗品として名入れボールペンを配布する集患アイデアがあります。名入れボールペンは低コストで生産ができるので、莫大な広告費をかけて広告を掲載するよりも経済的です。そこで、病院・医院・クリニックなどで使える名入れボールペンの活用方法を紹介します。

・集患力・認知度を上げるアイデア
名入れボールペンで集患力・認知度を上げるには、新規開業時や周年記念に名入れボールペンを配布する方法があります。高級感溢れる名入れボールペンを普段使いしてもらえれば、話題になる機会も増え、口コミの評価も上がるはずです。自分の知らないところでPR活動をしてくれるアイテムとして重宝するでしょう。
また、名入れボールペンはイベントの粗品としても使えます。セミナーや講習会、病院関係者を集めたゴルフコンペやボーリング大会などイベントで提供すれば、TwitterやSNSに写真をアップしてもらえるかもしれません。自身の公式ブログがあれば、日常の一幕として写真を載せるのもおすすめの方法です。

・患者満足度を高めるアイデア
患者満足度を高めるアイデアとして、歯科医院・整形外科など治療が長期に渡る場合、継続的に通ってもらうために患者さんに配布する方法があります。渡すタイミングによっては患者さんに対して「一緒に治療を頑張っていきましょう」と伝える効果があり、増患対策にもなります。また、初めて来院された方人に配布すれば、帰宅後に話題になる可能性もあり、集患効果を狙えることでしょう。そのほか、予約用の電話番号・URLを名入れボールペンに印刷しておくことで利用を促せます。ただし、病院のサービスが悪いと患者満足度は低いままですから、集客・集患効果があったとしても長続きはしないでしょう。あくまでも、メインとなる医療サービスの充実が前提条件となります。

■まとめ
集患・増患対策に名入れボールペンが効果的です。特に新規開業時や周年記念に名入れボールペンを配布して拡散を狙う方法がおすすめです。また、顧客満足度を高めるのであれば、来院した患者さんに配布しましょう。認知度と顧客満足度、どちらかのアプローチに偏ると集患・増患対策はうまくいきません。バランスをとりながら反響のデータを集め、適切に対策していくことが重要です。そうすることにより経営の安定度が増し、地域から愛される病院・医院・クリニックになっていくはずです。


記念品にオススメの名入れボールペンランキングはこちら

医療・福祉系の方にも大人気!! 当サイト売上No.1 メタリックONEシリーズはこちら

前の記事へ 記事一覧に戻る 次の記事へ
PAGE TOP ▲
ボールペンの名入れ見積もり、お問合せはこちら