名入れボールペン市場ブログ

2020年4月11日

住宅展示場・工場見学会にも!会社のノベルティには社名入りボールペンを

住宅展示場や工場見学などで、参加した企業からノベルティを受け取った経験のある人は多いのではないでしょうか。また、会社から社員向けのノベルティをもらうこともあるでしょう。お客様に向けた販売促進や、従業員や近隣住民との良好な関係構築に、ボールペンのノベルティ活用についてご紹介します。


◼️【住宅・製造・建設業向け】社名入りボールペンの活用例
住宅展示場などで企業名の入ったボールペンを受け取った経験のある人もいるでしょう。住宅メーカーや建設業、製造業では販売促進活動の一環として、集客力向上のために、ノベルティ配布も含めた社名入りのノベルティを配布することもよくあります。具体的な活用例を挙げながら、販売促進につながる効果も含めてご紹介します。

・住宅展示場(モデルハウス)の粗品として
住宅展示場(モデルハウス)には、特に土日に家族連れのお客様が多く来場します。さまざまな会社が集まり、多様なモデルハウスを見学できるのですが、企業からすると競争の激しい場でもあります。そこで、成約率を上げる一手段として、社名入りボールペンの粗品を配布します。また、お客様からのフィードバックを得るためにアンケートを行うことも多いですが、アンケートに回答するインセンティブとしてボールペンのノベルティが活用されています。より多くの人に住宅展示場に足を運んでもらうために、事前に配るDMやチラシにノベルティをつけることもあります。ボールペンならかさばることもありません。ボールペンなら軽く、捨てられにくいというメリットがあります。


・工事前の近隣挨拶に
新築の物件や、リフォームなどで住宅の工事を行う際は、騒音などで近隣住民に迷惑をかけることになります。そこで、業者はトラブルを避けるためにさまざまな事前準備をします。そのなかでも大切なのが、近隣住民へ挨拶して回ることです。挨拶の品として社名入りのノベルティを配り、近隣住民の協力や理解を得やすくします。地域の方との関係も構築でき、業者にとっても施工しやすい環境になります。

・工場見学会での来場者に
一般の人や採用候補者などに向けて工場見学会を実施する製造業の会社もありますが、その際に来場の御礼・記念品として社名入りボールペンをプレゼントするケースもあります。たとえば、飲食業の工場の場合、実際に製造工程を見学したお菓子などをその場で試食できることもありますが、その楽しい記憶を残してもらうために、家に帰っても使える企業名入りの名入れボールペンと組み合わせると効果的です。

・従業員へのお祝いの粗品、記念品として
ノベルティは、外部のお客様だけではなく、社内で活用されることも多いです。特に、従業員に向けて入社祝いなどの粗品としてプレゼントされます。そのほか、何か会社として目標を達成した際の記念品など、幅広く活用できます。社内に向けてノベルティを配布することで、従業員のロイヤルティを高める効果も期待できます。

◼️社名入りボールペンはどう選ぶ?
ノベルティとして利用価値の高い社名入りボールペンですが、実際にどのような観点で選べばよいか悩む人もいるでしょう。以下では、社名入りボールペンの選び方について解説します。
ボールペンは、値段の安いものから高級なものまでさまざまな種類があるので、選択するのに頭を悩ませてしまうかもしれません。目的に合わせてボールペンの種類や量を選ぶとよいでしょう。
たとえば、外部の顧客向けに継続的に配布する場合、一度にまとめて多くの本数を発注するのがおすすめです。というのも、注文本数が多いほど、単価が安くお得になるからです。また、従業員向けのノベルティとして活用する場合、社内会議でのメモ用など、社員の行動や利用シーンをあらかじめ想定したうえで、それにマッチするボールペンを選択するとよいでしょう。オーソドックスな外部向け、あるいは従業員向けのノベルティではさほど高くないボールペンで数多く注文するのがおすすめですが、周年記念などの会社の特別なタイミングでは、高級なボールペンをプレゼントすることにより、会社への愛着を深めてもらうというのもおすすめです。

ここで、ノベルティ配布におすすめの商品について、いくつかご紹介します。
いずれも比較的単価が安く、量産に向いている商品です。

メタリックONE 0.7mm
高級感のあるデザイン性の高い金属製ボールペンです。スリムタイプで、携帯時も収まりがよいと高評価を得ています。外部のお客様向けにおすすめです。

・ジェットストリーム 0.5mm
なめらかな書き味のジェットストリームシリーズです。実用性が高く、従業員向けにもおすすめです。

記念品については別記事人気の周年記念品ランキング!もらって嬉しい1位は?で記念品人気ランキングを紹介しています。周年記念に限らず、記念品・贈答品の作成を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

◼️手軽で実用的なノベルティを有効活用しよう
ノベルティの配布は、外部のお客様向けや内部の従業員向けなど、さまざまな目的に合わせて活用できます。社名を記憶に残してもらうという目的だけでなく、日常的に使ってもらうアイテムなので、手軽かつ、実用的なものがよいでしょう。ノベルティは注文数が大きく、費用が多額になるため、どのように選択すればよいかは担当者の悩みどころです。単価が比較的安く、継続的に顧客や従業員などに使用してもらえるボールペンのノベルティ活用を検討してみてはいかがでしょうか。

前の記事へ 記事一覧に戻る 次の記事へ
PAGE TOP ▲
ボールペンの名入れ見積もり、お問合せはこちら